ブログパーツ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「のーぶる☆わーくす」体験版感想
2010年12月01日 (水) | 編集 |
WS000091.jpg

麻夜が可愛すぎて生きていくのがつらい
HPが開設されてから一目惚れして、発売日が近付くにつれて酷くなる一方です。自分でもここまでヤバくなるとは思わなかったw
なので体験版が出るのが楽しみで仕方なかったです。早く動いて喋る麻夜を堪能したいと!
てことでこの体験版の感想を書いてる人は多いと思うので、こちらでは特に麻夜を推すことにします。

※ここより18歳以上推奨

☆システム
今回も16:9のワイド画面採用。テキストを下に映した4:3仕様もあり。
しかも解像度が1280x720がデフォですが、無段階で伸縮可能(割合は維持)。何気にスゴい技術。

WS000088.jpg

1番小さくすると横幅200pixくらい? まぁ文字が全然読めないのでそれでは使い物になりませんがw(↑は原寸大)
フォントはオリジナル? 変更不可。
画面上部メニューは未表示可能。


WS000093.jpg
WS000092.jpg
何気にすごいのはシーンジャンプ機能。
過去ログからのボイス再生は最早常識ですが、あのシーンに戻るという機能は今までなかった。
しかもJUMPボタンにカーソルを合わせるとそのシーンも表示してくれる親切設計。見たい差分に戻りたいときなどに使えるかも。



☆演出
日の始まりのときの日付表示が無駄に豪華(笑)
面白いのは1クリックで状況に応じて複数回立ち絵が変わることがあること。なので一言一言のセリフと立ち絵・表情に違和感を感じることは全然ないはず。
1クリックで5回も変わったときは驚いたわ・・・


てことでシステム面は先にやっておいてここからは感想を。
優雅な舞台設定があるにも関わらず、個性的なキャラクターも多いためコミカル度が強いです。
ていうか大体サブキャラなんですけどね。特に茅明さんが一流すぎて何でもアリですw


WS000089.jpg

茅明さんの数少ない隙ありシーン(妄想)。
ていうか茅明さん含めサブキャラのHシーンないかな? 一流メイドならそっちのご奉仕技術ももってそうですけど。
ゆずはファンディスク出さないので本編でしかチャンスはないですからね・・・



ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定


で、麻夜ちゃんですよ麻夜ちゃん!
学年主席で女生徒の注目の的だけど実は方言癖+会話が苦手ということもあり、なかなか生徒の輪に入れなくて困ってます。
まぁここは主人公の行動がきっかけでそこから本格的にクラスメイトとして付き合うことになりますが。
ちなみに方言の正体はHPに書いてあるし、体験版しかやらなくてもバレバレですけどねw

にしても体験版をやって余計に買いたい衝動が。
序盤に追っ手を撃退するところはカッコよかったけど、学園内でオドオドしてしまうところも可愛い!
初めて友達ができたあともスゴくいい顔をしていて・・・ヤバいっす、すぐにヨドバシ行って予約したい。

てことで麻夜が気になった人にとっては大当たりの体験版でした。
逆にひなたは最初と最後だけ。みんなが対等に出番のある体験版というのは難しいですね。静流の出番ももうちょっと欲しかったかも。

その代わりHシーンは全員分収録! 最後の大事なところで終わっちゃいますが、本番なしでこのエロさ。
しかも本編では4回ずつ。キャラゲーでユーザーを枯らさせる気ですよw
麻夜の足コキ・・・のめり込んでいく顔がエロかった。そのあとどうなるか気になりますよ。


というわけで気になる人はまず体験版をやって、この世界観と機能などを体験してみてください。
ハズレと感じることはまずないはずです!
スポンサーサイト
テーマ:美少女ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。